スマホへのコーティング方法について

GlossWell #360 Type Anti-Viral

スマホへのコーティング方法について

スマートフォン(スマホ:iPhone、Android共)のタッチパネル画面にも、抗ウィルス抗菌塗料GlossWell #360 Type Anti-Viralを塗装(コーティング)することで接触感染を防ぐ菌環環境を構築する事可能です。

新型コロナウィルスの猛威が奮ういま、スマートフォンからの接触感染は大いにその可能性があると共に、非常に危険であるとの認識をどうか強く持たれる事をオススメさせて頂きます。

スマートフォンのタッチ画面への塗装(コーティング)するには「拭き上げ」が必要となります。ウエスや布、また刷毛などを使ってコーティングした場合、そのまま塗りっぱなしの状態で放置すると、布目や刷毛の塗り跡が残ったまま塗膜が硬化してしまい、非常に美しくない施工結果となってしまいます。

極簡単な作業ですので、ぜひスマートフォンへコーティングされる場合は必ず下記を参考にして「 拭き上げ」をお願いします。

用意するモノ

  • GlossWell #360 Type Anti-Viral
  • ウエス 2枚
  • 保護用のゴム手袋

 

簡単!「拭き上げ」の具体的なやり方

  1.  スマートフォンのタッチ画面への下地処理 : 画面の指紋や油分、汚れをよく落として下さい。
  2. GlossWell #360 Type Anti-Viralの少量をウエスに取ります。
  3. スマートフォンのタッチ画面へGlossWell #360 Type Anti-Viralを塗布。ムラの無い様よく拭き伸ばして下さい。
  4. 塗り終わりましたら、そのままの状態で15~20秒待って乾燥させます。
  5. もう一枚の綺麗なウエスで施工後のスマートフォンのタッチ画面を拭い、余分な塗料を拭き取ります。
    ・スマートフォンのタッチ画面に最初に触れたGlossWell #360 Type Anti-Viralが塗膜となり残ります。
  6. 再度、スマートフォンのタッチ画面へGlossWell #360 Type Anti-Viralを塗布。同じ様に15〜20秒経過後、綺麗なウエスで余分な塗料を拭き取ります。
  7. 上記作業をもう一度繰り返します。
  • 20分〜30程常温で乾燥させて下さい。その後、タッチ画面の端を指で触り塗膜が硬化している事を確認して下さい。
  • 塗膜が乾燥している様でしたら、通常の通りスマートフォンのご使用が可能です。またこの時点で抗菌機能が発揮されます。
  • 塗膜の完全乾燥迄には3日程の時間が必要となります。施工後、3日間の間は施工面に水分が付かない様にお気を付け下さい。塗膜の完全硬化前に水分が付着しますと、塗膜に白濁が生じる場合がありますのでご注意下さい。

参考動画

「拭き上げ」方法に関する動画をご用意しました。是非、ご参考にされてチャレンジされてみて下さい。